ニート 脱出

ニート脱出本舗

日記こそがニート脱出への第一歩

毎日家に引きこもっていると、
自分でやらなければいけないことがどんどん減っていきます。

 

学校に通っていた頃は、
朝起きて、朝食を食べて、支度をして、
家を出て、徒歩、自転車、バス、電車などを
利用して学校に登校。

 
一日に5、6時間も授業を受け、
その後に部活をして下校。

 
もはや社会人顔負けの立派なスケジュールを
過ごしていました。

 
当然、その社会人も同じです。

 
授業を受けるか、働くかの違いです。

 
それだけのハードスケジュールを
一日のうちにこなしていた過去と違って、
今は特に予定の無い毎日を過ごしてしまう私たちニート。

 
ニートを脱出するにあたって色んな活動があるかと
思いますが、
何をするにしても行動力が鈍ってしまう、
さらに一つのことをするのに時間がかかってしまったりするものです。

 

そんな生活を改善するのにいい方法として、

 
日記をつける

 

ことをおすすめします。

 

日記を書くべし!

 

「ニートの日記??そんなの恐ろしくてつけられない・・・。」

 
と思われる方もいると思いますが、
日記は自分を大きく成長させるものとなります。

 

具体的には、
・面接用の写真を撮った
・仕事の情報誌を買った
・履歴書を買った、書いた
・面接の電話をした
・面接に行った

 
など、働くことへの積極的な活動を
一歩一歩明記していければ理想的ですが、
急ぐ必要はありません。

 

つまり、最初は

・○○のゲームをやった
・マンガを読んだ
・友達と買い物に行った
・一日中テレビを見てた

などでも良いのです。

 

一日一回、必ず書くこと。
また、正直に本当のことを書くことが大事です。

 
これが長く続くことで、
日記は溜まっていき、

 
いつかそれを見直すことで、
「あぁ、自分はこれだけの時間を無駄にしてきたんだなぁ」
という新しい発見をすることができ、
社会復帰へと大きく成長することができます。

 
まさに、日記こそがニート脱出への第一歩ではないでしょうか。

 

 




スポンサード リンク


 

comment closed