ニート 脱出

ニート脱出本舗

会話能力を身に付ける方法

長い間、引きこもりやニートなどを続け、
人と会うのを避けていると、
会話能力が低下していまいます。

 

言い換えると、コミュニケーション能力の低下で、
人と会話・行動することがどんどん苦手になっていきます。

 

人との会話ができなくなるというのは、
人間の価値が下がってしまっているといってもいいほど、
ニートにとって致命的な重症です。

 

そこで、積極的に会話する場を自ら設けることで、
その会話能力を回復させる方法を以下に示します。

 

家に引きこもっていると、会話できるのは
よくても家族だけです。

 

学校や職場などでは必ず誰かと話すと思いますが、
我われニートにはそういった場がないので、
自ら探しにいき、人に話しかける必要があります。

 

人に話しかけると言っても、

ドラクエのゲームみたいに誰これ構わず話しかけると、
”怪しい人”に思われるかもしれないので、
自然と会話の流れになるような場所を探します。

 

例えば、お店の店員さんに話しかけます。

 

スーパーマーケットやデパート、
本屋やレンタルビデオ店など、
いろんな人が多く出入りする店などが良いでしょう。

 

品物の手入れをしている人とか、
できるだけ暇そうな人を捕まえて、

 

「トイレはどこにありますか?」
「おすすめの映画とかありますか?」
「○○というゲームを探しているんですが。」
といった質問をしてみましょう。

 

ポイントはコレ!

特に、話しかける相手は”異性”の方にしてみてください。

 

男性なら女性に、女性なら男性に。

ものすごくドキドキしますが、
修羅場をくぐるほど効果はバツグンなのです。

 

たくさん数をこなすと、
自然と”知らない人との会話能力”が身に付き、
自信が持ててくるはずです。

 




スポンサード リンク


 

comment closed